最新の考え方


by korusiga

体のことを考えたケア

肝臓への負担を考えて、できるだけ酒の量を減らす、または週二二回の休肝日をつくる。こんなことを考えてから、計画的な体尾をしておくことってすごく大事ですよね。自分の中で、体のことを考えているのなら、どれだけのことを意識して置けるのかって大事になるはず。本当に気休めになるのかもしれないのだけど、やるかやらないかでは大きく変わるので。

飲酒量の多い人は適量を守る人と同時にアルコールを飲まない日はいわゆる休肝日を作る。アルコールは肝臓で分解され、処理される過程で、悪いよいや二日酔いに原因があり、毒性のあるアセトアルデヒドが生成され、長期にわたって大量の飲酒を続けていると言われるんです。

肝臓はすごくデリケートな部分なので、当たり前のようなケアをどれだけ心がけて置けるのか。大切にしておかないと、後からが怖くなる。アルコールの外から身を守るために、肝臓へのいたわりに必要になるために、ちゃんとしたケアを心がけておかなくてはいけませんね。

[PR]
by korusiga | 2016-02-09 15:17